地耐力とは、地盤が荷重に耐えうる力のこと。この力の違いによって基礎工事のやり方も変わって
くる。建物の耐久性において、最も重要なポイントは、地盤。地盤が建物の荷重に耐え切れないと、
地震などに襲われる前に、家は自分の重さで傾き、崩壊してしまう。
この地盤の強さを地耐力という。地耐力によって、その上に築く基礎の形も変わってくる。 具体的
には、以上の地耐力を持つ地盤なら布基礎でよく、それより弱いならベタ基礎。造成地の盛り土部
分や軟弱地盤に建築物を建てる場合は、あらかじめ地盤の調査をしておくほうがいい。
建物を建築する場合は、地耐力に応じた基礎構造を採用することが建築基準法で義務づけられている。

 (布基礎):布基礎は、建物の土台を支える、幅12〜15cm、高さ45 〜60cmくらいの、逆T字型の
コンクリートのこと。つい最近まで、布基礎は、木造建築では最も多く使われる基礎工法だった。
その形は20年ほど前までは、幅12〜15cm、高さ45〜60cmくらいの直方体が多く、鉄筋が入
っていなかったため、必ずといっていいほどひびが入った。 現在では形は逆T字型のコンクリート
になり、中には鉄筋が入っている。
しかし、阪神淡路大震災以降、より頑丈なベタ基礎のほうが現在主流となりつつある。

 (ベタ基礎):ベタ基礎とは、木造で家を建てる際の基礎工事のひとつの工法で、鉄筋コンクリ
ート造の堅固な下地。現在では最も広くこの工法が使われる。 「基礎」には、ベタ基礎、布基礎
(ぬのぎそ)、布基礎+土間床、逆ベタ基礎、深基礎などがあるが、最近最も多く使 われるのは
ベタ基礎と呼ばれるもの。建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作る。
地盤に施工された鉄筋コ ンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風など
の衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができる。また、軟弱地盤でもこの工法を施せば、安全に家を建
てることができる。
兵庫県 宝塚市 を 中心とした阪神間
(伊丹市・西宮市・川西市・三田市)
で、 不動産をお探しなら
「住みたい家」見っけ
World Corporation
宝塚市を中心とした阪神間の不動産・住宅情報サイト
宝塚市の不動産、住宅情報
宝塚市の不動産・住宅情報 : ワールド・コーポレーション
ホームサイトマップ
ホーム > 用語解説 【 地耐力調査 】
トップページの用語解説です。
ご参考にしてください。
用語解説 用 語 解 説 用語解説
地耐力調査 地耐力調査
区切り線
用語解説−地耐力調査
トップへ戻る
宝塚市の不動産,住宅情報
宝塚市の住宅情報
不動産情報 ワールド・コーポレーション